深夜に頑張る?高収入をうたう高額バイト!

行ってみよう!工場バイト前夜

「時給○○円以上!制服授与!残業なし!」そんなバイト広告、よく見かけますね?誰もが知ってる、大手メーカーやコンビニエンスストアの名前が書いてあったりすると、「大手だから大丈夫かな?」なんて気持ちになるのではないでしょうか。これらでバイトを希望する場合、面接時間と場所を指定されますが、これは「面接」の名前と程遠く、大人数が一か所に集められてバイト当日からの仕事と内容や必要な準備について「説明」を受ける形でした。これは「面接」でなく「バイト内容説明」と言ったほうが正しいですね。バイト先によっては、これさえ端折られているところもありました。

工場バイトは辺境の地

そもそも工場バイトはだいたいが駅から離れた場所にあります。しばしば「ここは何処の山だ?」と聞きたくなるような、駅から遠く離れた山奥に連れていかれることもあります。ただこういうバイトは必ず最寄駅から従業員用の直行バスが出ていますので、足の心配はありません。ただし工場によっては、往復のバスの時間が限られているところもありますので、よく時間を確認する必要があります。下手をすると最寄り駅から歩かされる羽目に。昼間ならまだしも、深夜は危険極まりないのでお勧めできません!

高収入を狙うなら、迷わず夜勤だ!

今の時代、工場は24時間稼働が多いため、高収入を狙うなら夜勤が魅力的です。しかし工場夜勤は、とにかく「暗い」です。もちろん外の景色も暗いのですが、それだけではありません。雰囲気が暗いのです。もちろん日勤だからと言って和気あいあいということはないのですが、誰もが下を向き無言です。極めつけは休憩時間です。日勤ですと従業員どうして会話もあるのですが、夜勤の人たちは相当仲が良くない限り、ひたすら携帯電話をいじっていて、一言もしゃべらない人もざらです。すべての工場がそうだとは思いませんが、ただでさえ夜間に働くということは人間を滅入らせる理由になるように感じます。そこに折り合いがつけられるならば、夜勤は良い選択肢です。

住み込みの求人は、自宅を出て一人暮らしをしたい人には向いています。しかし、賃貸で暮らしている人は今の部屋を解約して寮に入ることになるので、それなりの覚悟が必要です。